NOSAIみなみ

組織概要
NOSAIみなみ管轄エリア
診療等情報検索サービス
Acrobat Reader Acrobat Readerのダウンロードはこちらから

組合長挨拶

みなみ北海道農業共済組合 組合長理事
組合長理事 伊藤いとう 榮一 えいいち

新組合発足に当たって

3月1日に道南管内5組合が合併し、「みなみ北海道農業共済組合(NOSAIみなみ)」が誕生しました。6振興局、64市町村を包含する、とても大きな運営基盤となります。

農業共済組合の運営環境は、農家戸数の急激な減少、事務費補助金の削減、受取利息収入の減少など、年々厳しさを増しています。農林水産省からは、役員定数・経常経費の削減や1県1組合化の推進に対する指導通知がありました。 道南管内では組織再編検討協議会を発足させ、合併検討委員会・合併推進委員会で協議・検討を重ね、合意された基本事項について各組合理事会で承認を得て、昨年3月1日に合併予備契約調印式を挙行しました。さらに各組合の臨時総代会で承認をいただき、設立委員会・設立協議会で検討を進めて参りました。 新組合の組合員数は約8000人、事業規模点数は140万点強、役職員数は330人強の、全国でも十指に入る、大きな組織です。

農業共済組合を取り巻く状況が激動する昨今、強固な運営基盤の構築が急務であり、5枚の小さな圃場を1枚の大きな圃場にすることで事業運営の効率化を図ります。3月1日にまいた種が成長し、きれいな花を咲かせ、豊かな実をつけるよう、8000人の組合員と共に育てて行きたいと思います。

組合員の皆さまのご理解とご協力を切にお願い申し上げ、「みなみ北海道農業共済組合」発足に当たっての挨拶とさせていただきます。