NOSAIみなみ

文字サイズの変更

組織概要

組合長挨拶

みなみ北海道農業共済組合 組合長理事
組合長理事 伊藤いとう 榮一 えいいち

令和3年 ご挨拶

令和2年は、一部地域で、台風4号の影響による強風等で、
水稲、園芸施設に被害が発生したものの、総じて豊穣の秋を迎えられたのではないでしょうか。皆様の経営努力によって僅少被害で済みましたが、家畜共済にあっては、例年並の共済金の支払で推移しています。

一方、新型コロナウイルス感染症の発生により我々の生活様式は変化し、農業経営に甚大な影響を与えた年でもありました。
また、近年は豪雨や台風などの自然災害が頻発し、農業経営が
脅かされています。安心して農業を営むためにも「収入保険」と「農業共済」の円滑な実施が重要であり、皆様におかれましては今一度、経営を守り、発展させるためにも、この両制度について理解を深めていただきたいと思っています。

さて、国のトップリーダーが代わり、大きな変革の年となり
ますが、道内のNOSAIにとっても全道1組合化の波がせまって
おり、4年前にNOSAIみなみが誕生したところですが、更なる
再編が求められています。将来に亘って継続的かつ安定的な事業運営を目指し、令和4年4月を目途に全道一本の組織誕生に
向けて検討を重ねていますので、具体的内容が決まり次第、
改めて説明の場を設けさせていただきます。また、当組合の喫緊の課題として、事業所等の統廃合、家畜診療所収支の改善、各種引当金の適正な積立の確保などに取り組んで参ります。

NOSAI団体は、「備えの種をまこう」を運動目標とし、農業者の皆様との絆を大事にし、農業生産体制の構築に今後も寄与して参りますので、組合員の皆様をはじめ、各関係機関の更なる
ご理解とご協力を切にお願い申し上げます。
最後に、組合員の皆様が新しい年に夢と希望とロマンがもてる
素晴らしい年となることを心よりご祈念申し上げます。

NOSAIみなみ管轄エリア
備えの種をまこう
診療等情報検索サービス
Acrobat Reader Acrobat Readerのダウンロードはこちらから